happy cat image

tomodevel

皆んなのウェブ入門, ともでぃべる

HTML5へようこそ

HTMLはウェブページの基本となる言語です。
どんなサイトでもHTMLなしのサイトはありません。
HTMLはタグというのを使いますが、話よりは直接構造を見る方が簡単です。

HTMLの構造

下にあるの(ソース)がHTMLの基本構造です。

<!doctype html>
<html>
<head>
</head>
<body>
</body>
</html>

上にあるソースでライン1にあるのはこの文書のタイプです。

文書タイプ

文書タイプは
<!doctype html>
これを使います。このHTML文書がどんなタイプの文書かの意味です。
これを見てウェブブラウザがどんな文書のタイプかわかることになります。
今は初めて勉強して何が何か知らないから、そのまま次に行きましょう。
最初から色々やったら私の場合は頭が痛くなり、すぐ諦めちゃいます。^^
紙ではないんですけど、簡単にこのソースを文書だと思ったらいいですね。^^

ソース分析

ソースというのは上にある色々のコードがありますが、それをソース(source)といいます。
1ラインずつ見ましょう。

<html>

<html> これはHTML文書を書くときに使います。

</html>

これを終えるときは上のソースの見たらhtmlの前に'/'がありますね。
これ(/)を使います。整理したら始める時は<html>終える時は</html> こんな<で始め>で終えるのはタグです。そしてHTMLはこんなタグで作られました。

headタグはですね、このファイルの色々な情報を入れます、スタイル、ジャバスクリプト、メタ情報、作った人、この文書のキーワード、この文書の説明 などです。
ボディには画面に見えるのを入れます。hiとボディの中に入れたら、画面にはhiが見えます。
紹介はこれで終わりますね。 短いだとおもうかもしれませんが、
最初から完璧にいろいろ覚えながら やったら難しいんで、私とゆっくり行きましょう。 ^^

講座に戻り